変性脊椎すべり症について

投稿日:

変性脊椎すべり症について

脊椎分離症がないのに椎体が前にすべり出した状態を変性脊椎すべり症といいます。

中年以後の女性に多く腰の骨の4番目と5番目が前にすべることが圧倒的に多いです。もともと椎間関節の方向が水平しているということで、椎間板の変性が進んですべりが起こると考えられています。なぜ女性に多発し、なぜ腰の骨の4番目に多いのかはわかっていません。

無症状な例や、腰痛のみを訴える例もありますが、すべり部分では脊柱管が狭くなるので腰部脊柱管狭窄症の症状を訴える例が多いです。

 

Copyright© たしろ鍼灸院 , 2022 All Rights Reserved.