顔面神経麻痺について

投稿日:

顔面神経麻痺について

 

原因

中枢性(脳)では 脳出血 脳梗塞 脳腫瘍が原因になります。

中枢性の場合麻痺は顔面下半分のみに起こります。

 

末梢性(脳以外)では、特発性は、「ベル麻痺」といわれ原因不明ですが頻度が高いです。

感染性はヘルペスウイルス 外傷性は側頭骨骨折 腫瘍性は小脳橋角部腫瘍に分けられます。

末梢性の場合:麻痺は顔面半側全体に起こります。

 

末梢性顔面神経麻痺の症状 額にしわをつくれない 目を閉じれない 頬を膨らませない
口角から水がこぼれる 口笛が吹けない 舌前2/3の味覚障害
鼻唇溝消失 唾液の減少 目を閉じれないため目が乾きやすい
聴覚過敏などがあります。

 

ベル麻痺・末梢性顔面神経麻痺の回復には、症状を患って時間がたってしまうと治癒率が下がります。早く施術をするほど回復が早いです。

 

 

Copyright© たしろ鍼灸院 , 2022 All Rights Reserved.