五十肩について

投稿日:

五十肩について

五十肩(肩関節周囲炎・凍結肩)  40歳代以降に頻発し肩関節の退行性変化により肩関節部の疼痛と運動制限が特徴です。本当の原因は不明です。
肩関節は動く範囲がとても広く骨だけでは安定しないため、筋肉、関節包、腱板、靭帯などで補強されており、これらに過労・過度の使用・小さな傷の繰り返しで炎症が起こり癒着・縮小を起こすと考えられています。

 

症状
自発痛。 肩の動きが悪くなる。 動作・夜間・寒冷時に痛みが増強する。 洗髪・手を後ろに回すことが困難になる。
上肢帯筋(三角筋・棘上筋・棘下筋)の委縮などです。

 

 

「五十肩でお困りの方へ」

五十肩の施術をしていますが根気が必要です。施術回数が必要になります。良くならないものではありません。あきらめないでください。

 

五十肩の施術には、肩の状態把握が大事です。

・肩の状態によってはこの方法を取り入れようとか。

・肩の状態によってはこれはしてはいけない、これをすれば大丈夫。というものがあります。

状態を把握して早く回復するように施術をしています。また、病院で注射を受けている方は鍼灸との併用するのもいいと思います。実際に当院でもそのような方がいらっしゃいました。安心してご来院ください。

 

Copyright© たしろ鍼灸院 , 2022 All Rights Reserved.