肩峰下インピンジメント症候群について

投稿日:

肩峰下インピンジメント症候群について

肩の関節がスムースに動くように滑液包(クッションや潤滑の役目)というものがあります。肩の使い過ぎにより、この滑液包に炎症や浮腫により滑液包周辺が肥厚してしまい、肩を外側に上げる動きが制限されます。

インピンジメント症候群は、側方挙上(外側の動き)が制限されます。肩の関節内に骨棘ができることによっても起こります。

 

症状

肩を上げていくと、ある角度になると痛みや引っかかりを感じそれ以上に上げることができないのが特徴です。外側に60°~120°の間で特に強い痛みを感じます。
夜間痛もあります。しっかり治さないと症状を繰り返してしまい、ひどくなると腱板の部分断裂が起こり治りにくくなります。肩をよく使う方やスポーツ選手に多いです。

Copyright© たしろ鍼灸院 , 2022 All Rights Reserved.